1
1990年の入管法改正により日系人の単純労働が認められ、多くの外国人、とりわけブラジル人が日本を訪れるようになった。彼らの多くが住むことになったのが、愛知県豊田市にある保見団地(ほみだんち)だ。

1972年より建設がはじまり、分譲を合わせると3949戸を収容できる67棟にもおよぶ巨大な集合住宅・保見団地。そのほとんどはトヨタ自動車関連の製造業に就く人たちのベッドタウンとなる予定だったが、1973年の変動相場制導入以降、輸出拡大を目指した自動車産業は安価な製造コストを求めて、生産拠点を海外などへ移しはじめる。

2

 

当初の目論見が外れ、空き家の増えてしまった保見団地。心無い人々から「幽霊団地」と揶揄される状況を改善するために、公団は例外的に法人契約を認めることで、企業の社員寮としての活用を模索した。そうした状況下で、この団地に押し寄せたのが、入管法改正を機に働き口を求めて日本にやってきたブラジル人たちであった。

2008年の時点で、団地全体の人口8885人のうち4036人がブラジル人。比率では45.4%を記録する日本有数の外国人集住地区となり、現在でも約3000人前後の日系人労働者が日本人とともに生活している。図らずも、国籍や宗教、生活習慣や趣味嗜好などの違いを受け入れて人々がともに暮らす、いわば先進的なリアリティを帯びたスポットになっていったというわけだ。

3

 

保見団地で3年間に渡って生活した写真家の名越啓介氏は、そこで直面した異国人たちの喜怒哀楽を撮影。10代のブラジル人少年たちと出会い撮影を繰り返すことではじまり、あるときは彼らとバーベキューを楽しみ、またあるときは、ただただともに時間を過ごし、目の前で起こる日常を記録してゆく。

ヒップホップをはじめる者、スケートボードに興じる者、暴走族の集会や中学校の卒業式、 喧嘩の果ての逮捕劇、出会ったころは18歳だった男の子の成人式、恋愛を経ての出産、そして団地内で行われるクリスマスパーティー。

4

 

そんな3年間の住み込み生活のなかで、彼らの日常と成長を記録したドキュメンタリー写真、全245枚を収録。そして名越とともに団地に家を借りたノンフィクション作家の藤野眞功氏が保見団地の住人、そして名越との生活を綴ったルポルタージュを寄稿し、1冊の写真集として発表した。

名越氏は、撮影時の心境を次のように綴る。

「もともと、陽の当らない奴が好きだったんですよね。貧乏な奴は、基本的に陽の目は見ないし、1冊目の写真集で撮影した奴らもそうですけど。でも、あいつらの面白さって、なんか情けなさとか……けど、愛嬌があったり。保見団地も、そうした自分がもともとやってきたことと一緒だと思っている。2冊目の写真集で撮影したチカーノも組織としての結束力が強いから、1人の人間っていう前に組織のスジやスタイルがしっかりしている」

5

 

たびたび訪れる日本の四季のなか、昭和の趣を色濃く感じる団地という舞台で、少し異質にも感じられる住民たちの何気ない喜び、そして失われゆく自由への渇望。「月並こそ黄金。」そんな言葉がこぼれ落ちる写真集だ。写真家・名越啓介とノンフィクション作家・藤野眞功による写真集『 Familia 保見団地』は、現在絶賛発売中。是非とも手にとってみて欲しい。

 

 

<PROFILE>
名越啓介(なごしけいすけ)
1977年奈良県生まれ。大阪芸術大学卒。過去にリリースした写真集に、「EXCUSE ME」(TOKIMEKIバブリッシング)、「CHICANO」(東京キララ社)、「THE BLOOD OF REBIRTH」(USEN)、「SMOKEY MOUNTAIN」(赤々舎)、「笑う避難所」(集英社新書)、「BLUE FIRE」(少年写真クラブ)、「Sing Your Own Story 山口冨士夫写真集」(ロフトブックス)などがある。

<問い合わせ>
Vice Media Japan株式会社
Tel:03-3475-6050
Fax:03-3478-3555
e-mail:info.japan@vice.com