あの<アディダス>と<プーマ>の創業者たちによる“兄弟ケンカ”の顛末を描いた映画が製作される。タイトルや監督は未定だが、遠藤周作の小説をマーティン・スコセッシが映画化した『沈黙 サイレンス』(日本公開:1月21日)に主演しているアンドリュー・ガーフィールドがプロデューサーとして参加するようだ。

adipuma

本作はナチス・ドイツの台頭から、1936年に開催されたベルリンオリンピック、第二次世界大戦の時代を舞台に、ルドルフ&アドルフ・ダスラー兄弟が巻き起こしたケンカと、そのおかげで誕生した2大ブランドの歴史が描かれる。

もともとバイエルンで小さな製靴会社を営み、主に手縫いのスポーツ靴の製作に注力していた兄弟だったが、政治的な考えなどから互いに不満がたまり、1940年半ばに別々の道をたどることに。その後、弟アドルフは<アディダス>を、兄ルドルフは<プーマ>を立ち上げ、些細なことから始まった兄弟ケンカは世界規模のスポーツシューズ対決へと発展していく。

今回A・ガーフィールドは役者としてではなく、プロデューサーとして参加。製作は2017年より開始予定だ。

Fortitude Runs With Adidas/Puma Origin Story Produced By Andrew Garfield