日常的に使う食器に、故人の遺骨を使用するという驚きのサービスが話題だ。

ash

米ニューメキシコ州・サンタフェ在住のアーティスト、ジャスティン・クロウさんは、2015年にアートプロジェクト「Nourish」を発表。まず彼は、医療研究者~教育機関などに遺骨を販売する業者や、求人/個人広告サイトに「2カップ分の遺骨を35ドル(約3,643円)で買い取る」という広告を掲載し、200人以上の遺骨を収集した。

そうして入手した遺骨を粉砕して釉薬に混ぜ、お皿やカップなどを作り上げたジャスティンさん。その食器を使用した食事会も開かれ、参加者たちは食事を楽しんだという。その後、アートプロジェクトに賛同した友人たちが彼に食器を特注してきたことをきっかけに“遺骨を食器に変える”という考えが供養の方法の1つとして成立すると感じたそうだ。

そこでジャスティンさんは、<Chronicle Cremation Design>という会社を立ち上げ、故人の遺骨を陶器のマグカップやお皿、花瓶、キャンドルホルダーなどに生まれ変わらせるサービスの提供を開始した。

食器作りに遺骨を使用するというアイデアについて、「死の必然性という感覚を日常生活にもたらす食器シリーズを作りたかった」と語るジャスティンさん。

「遺骨を陶器に生まれ変わらせることで、日常生活において故人を思い出すことができる。たとえば、最愛の祖母の思い出とともに毎朝コーヒーを飲み、家族の食卓で会話を楽しむことができるんだ」

 

 

顧客第1号は事故で友人を亡くした男性で、大切に保管していた友人の遺骨からマグカップを作ったとか。なお、人間の遺骨で食器を作るためには100グラムほどの量があれば十分とのこと。公式サイトから注文すると収集キットが届き、それに遺骨を入れて郵送すれば30~60日後に商品が届くシステムになっている。釉薬を特別注文するのに399ドル(約4万1千円)、内容によってさらに159~649ドル(約1万6千円~6万7千円)の料金がかかるそうだ。

 

You Can Now Drink from a Cup Made with the Ashes of Your Loved Ones