ここ数年、あらゆるスマート製品の登場に驚かされるが、有名ブランド<ブラウン>が展開する「Oral-B」の“B-Genius”という歯ブラシは、スマホ端末との連携で隅々までしっかり磨けるようにナビゲートしてくれるという。

b-genius

まずはスマホを鏡と水平に設置して専用アプリを起動し、カメラに自分の顔が映るように調整。すると、6等分された円形のグラフ(マップ)が映し出され、どのエリアの歯が十分に時間をかけて磨けているか? 磨き足りない歯はどこか? といった情報を正確に知らせてくれる。

接続はBluetoothで行い、歯ブラシそれぞれに細かい設定ができるのもスマート。家の中で複数のユーザーがいる場合、アプリと歯ブラシについているライトの色をマッチングさせて、それぞれに接続するという仕組みになっている。また、ユーザー別に“歯の設定”を行うことができるので、敏感な歯があったり、歯茎が弱かったりといった細かい設定に対応したナビも可能。さらに圧力センサーも備えているので、例えば「右下エリアの歯を強く磨きすぎているので、歯茎が傷んでしまう可能性があります」といったお知らせもしてくれるそうだ。

ちょっとオーバーテクノロジー気味かもしれないが、電動歯ブラシの登場以降しばらく大きな変化のなかった歯ブラシ業界に現れた、革命的な製品と言えるのでは?
http://www.engadget.com/2016/02/27/scrubbing-with-a-toothbrush-that-knows-the-spots-youve-miss/