パパやママの育児を助けてくれる、ハイテクな赤ちゃん向けアイテムが続々と登場している。海外発のスマートな育児グッズをいくつか紹介しよう。

<Nuna>バウンサー「Leaf Curv」 229.95ドル(約2万5千円)
揺られているうちに赤ちゃんが気持よくなって眠くなるバウンサー。いわゆる横揺れするベビーチェアは、現代的な部屋に合うスタイリッシュなデザインが特徴。カーブ型の脚を持つ「Leaf Curv」に加えて、三本脚の「Leaf」(219.95ドル/約2万3千円)が発売されている。いずれも別売りのアクセサリー「Leaf wind」(99ドル/約1万円)を取り付ければ、6種類のスピードが選べて、自動的に揺れ続けてくれる。

<Doona>チャイルドシート「Car Seat」299ドル(約3万2千円)
次世代チャイルドシートは、ボタンをいくつかに操作するだけでベビーカーに変身する。車のシートベルトを利用してチャイルドシートとして使用した後は、折り込まれたホイールを引き出してハンドルバーを伸ばせば、ベビーカーとして使える。これさえあれば、車の中で寝ている赤ちゃんを起こすことなく、どこにでもスムーズに移動することが可能だろう。

<Gro Company>ポータブルスピーカー「Gro-hush」24.99ドル(約2,715円)
赤ちゃんが母親の子宮にいた頃を思い出してリラックスできるという、すべての周波数成分の大きさが同じの“白色雑音”などを作り出すポータブルスピーカー。やわらかなスポンジのようなミットを、赤ちゃんの耳に直接当てるだけ。すると不思議なことに、赤ちゃんが泣き止むはず。サウンドトラックは、白色雑音、心臓の鼓動、波の音、雨音の4タイプから選べる。

<PacaPod>おむつバッグ「Portland Bag」240ドル(約2万6千円)
マイクロファイバーとレザーを採用したスタイリッシュなバッグは、一見“おむつバッグ”に見えないかもしれない。荷物を整理収納できる「3in1ポッドシステム」を採用。飲み物や食べ物を入れるポッドは、通気性を考えて設計されており、汚れたスプーンなども収納できる。さらに、着替えの服を入れるポッド、着替え用マットといった3点のアイテムが収納されている。2つのポッドにはストラップが付いており、小型のバックパックとしても使用可能。

<Yoomi>高機能哺乳瓶「ボトル&ウォーマー」(スターターセット) 8,424円
イギリス発の高機能哺乳瓶は、ボタンを押すだけで、たった60秒でミルクを人肌に自動加温してくれる。ウォーマー内部の物質が液体から固体に変化する際に起こる発熱現象を利用しており、レンジや煮沸でチャージすれば300回ほど繰り返して使用できるのだとか。

他にも、ミルクマシーン、監視モニター、アウトドア向けのベビーキャリア、折りたたみ式ベビーカーなどが紹介されているので、気になる人は育児に取り入れてみてはいかがだろうか。

http://www.t3.com/features/best-baby-tech