アメリカ西海岸で生まれた電子タバコ「VAPE」。ハリウッドの有名セレブたちが愛飲していることもあり、ここ日本でも徐々に認知されてきたが、VAPEの醍醐味は様々なフレーバーを楽しむだけにとどまらない。

ben

バッテリーから供給される電気でリキッドを水蒸気化し、煙ではなく水蒸気で味を楽しむVAPEは、ストリート生まれのガジェットとしての魅力も持っている。実際、ファッション性の高いアーティストに好まれる傾向があり、いまや多くのシグネチャーモデルやコラボ製品がリリースされているほどだ。

本場アメリカでは、もはや知らない人はいない新たなカルチャー/嗜好品として浸透しており、スケボーやBMXといったエクストリームスポーツと同じように、VAPEの“プロフェッショナル”も存在する。といっても、VAPEをペン回しのように手の上で転がすわけではなく、大量の水蒸気で様々な技を披露する“トリッカー”と呼ばれる人々である。

brsn

彼/彼女たちは大きな“輪っか”にはじまり、重力に逆らうかのように渦を巻きながら昇る“竜巻”や、大小の輪で作り出す“ジェリーフィッシュ”などなど、多種多様な技を繰り出し、日々その腕を磨いている。中にはテクニックを認められ、VAPEブランドやショップにスポンサードされたり、自身の名を冠したオリジナルのリキッドをリリースしたりと、まるで人気スポーツのスター選手のようにリスペクトされるトリッカーもいるほどだ。

実は、そんな“水蒸気の魔術師”の超絶テクニックの数々を、日本で直に拝めるチャンスが到来! 東京・原宿に3月20日(日)グランドオープンする、アメリカの最大手VAPEブランド「BeyondVape」の日本1号店、その名もズバリ「BeyondVapeJapan」のオープン記念パーティに合わせ、2人のトリッカーが来日するのだ。

オリジナルVAPEの販売はもちろん、30ブランド200種類を超えるフレーバーを揃える「BeyondVapeJapan」でトリックを披露するのは、Ben PiantinoとBryson Lascellesという2人のアメリカ人トリッカー。一体彼らがどれほどのテクニックの持ち主なのか、これらの動画を観てもらえればお分かりいただけるだろう。

 

いかがだろう? VAPEをまったく知らなくても、この技のスゴさは理解できるのではないだろうか。イベント当日はエントランスフリーで誰でも気軽に入場可能、日本屈指のブレイクダンサーたちのパフォーマンスやスペシャルセッションも行われるとのことなので、クールなカウンターでお酒やソフトドリンクを飲みつつ、まずはリキッドの無料テイスティングでVAPEカルチャーに触れてみては?

S__1327128 S__1327129

https://www.beyondvape.jp/cts/event0320/?_sreseted=true&locale=ja