人間の指紋や顔などのバイオメトリクス(生体情報)を用いた個人認証技術の分野において、新たに耳に注目する動きが起こっている。イヤホンを装着することによって、人間の耳穴の形状から個人認証できる技術を<NEC>が開発した。

NEC1

<NEC>が長岡技術科学大学の協力のもと開発したのは、音の外耳道への反響を分析することで個人認証できるイヤホン。マイク一体型イヤホンを用いて、イヤホンのスピーカーから数100ミリ秒の音響信号を出力し、耳の中を伝搬した音響信号をマイクで受信する。個人特有の耳の形状によって決まる音響特性を、1秒程度で瞬時に測定できるという。

同社によると、高速かつ99%を超える認証率で高精度な認証を実現しており、イヤホンによって正確に個人認証ができるそうだ。ユーザーは音を聞くような自然な動作で個人認証ができ、移動中や作業中でも利用できるというメリットがある。

今後は、重要インフラ施設の安全・安心に関わる業務でのなりすまし防止や、無線通信・通話における内容の秘密保持、医療現場など移動中や作業中の認証、さらに特定の人向けや特定の場面での音声ガイドサービスなどへの応用を視野に入れて、2018年の技術の実用化を目標としている。

NEC2

他にも、<マスターカード>がパスワードの代わりに指紋と顔写真を用いる個人認証システムを開発していたり、<Google>がレジで財布やスマートフォンを取り出すことなく、顔写真とBluetooth、Wi-Fi、位置情報などを用いて支払いをできる決済アプリ「Hands Free」のテストを開始している。

このように、バイオメトリクス(生体情報)を用いた個人認証技術が発展を遂げているが、指紋や顔に加えて、耳による個人認証システムが導入される日も遠くないだろう。

http://jpn.nec.com/press/201603/20160307_01.html