ノルウェーの深い森の中で夜な夜な活動している某ブラックメタラーが、地元の町議会選挙に当選してしまったらしい。

bm

そのブラックメタラーとは、同シーンで80年代から活動し、もはやレジェンド的存在となっているベテランバンド「Darkthrone」のドラマー、フェンリッツ氏。悪魔崇拝(反キリスト)が過ぎて教会に放火してしまった者もいるという物騒なブラックメタルシーンだが、その中でもかなりの重要人物が公僕になってしまったのだ。

このニュースには(たぶん)世界中の音楽シーンが衝撃を受けたが、当選してしまったフェンリッツ氏としては不本意な出来事だったらしい。というのも、氏は町議会から「候補者の規定人数を埋めるための頭数合わせ」として出馬を頼まれただけで、本気で議員になるつもりなどなかったのである。

実際、選挙ポスターにも「頼む、俺に投票しないでくれ!」というメッセージを掲げていたほど。とはいえ愛猫家としても知られるフェンリッツ氏だけに、町内会の頼みも断れなかったようだ。

このうっかり当選は、フェンリッツ氏が地元で有名すぎたことが原因だろう。氏は4年の任期を全うしなければならないものの、あくまで役職は町議“代理”なので、議会の誰かが欠席した時にだけ出席すればOKという規則もある。

「議会にノコノコ出かけて、利口そうな連中に混じってバカ面で座ってなきゃならないんだぜ…」とボヤいているフェンリッツ氏だが、ブラックメタルは自虐ジョークに寛容な側面もなくはないので、彼の本職にもそこまで影響はないはずだ。

http://www.break.com/article/gylve-fenriz-nagell-norwegian-black-metal-elected-3048152