NIKEの『BTTF2』ライクなシューズに続き、あのBMWが革新的なシューズを発表した。

bmw

こちらは自動で紐が締まる……わけではなく、カカト部分のディスク一つで調節が可能という、非常に履きやすく機能的なシューズだ。

しかし、一番の特徴は表面の生地。銀色の、見るからに不思議な質感の生地なのだが、実はこれ、BMWが発表したコンセプト・カーに使用されているものだという。

しかも使用されているのはシートではなく、なんと車体。伸縮可能で耐久性・防水性に優れた“スパンデックス素材”を改良したもので、ドアを開閉するたびにシワが生じるあたりは布そのものだ。

とにかく斬新すぎる車なのだが、これと同じ生地を使用したランニングシューズのほうも当然、耐久性抜群で、雨天下や激しい運動にも耐えられるようになっている。

とにかく斬新で、近未来的なデザインも目を引く、このBMWシューズ。デザインしたのはBMWグループ内の<DESIGN WORKS>というデザイン会社で、グループ全体として新しいコンセプトとイメージを打ち出そう、という意志が感じられる。

『X-CAT』と名付けられたこのシューズは135ドル(約14,000円)と、以外とお手頃価格。デザインや機能も革命的で、話題性は十分ということで、今後この素材が新たなスタンダードになる可能性も……?