エジプト南部で住宅のリノベーションをしていたところ、なんと宇宙人が彫られた古いコインが多数発見されたという。

coin

 

UMAと陰謀論大好きミステリーサイト<Mysterious Earth>が伝えたところによると、そのコインに彫られているモノは大きな頭と目を持っており、いわゆる“グレイ”と呼ばれる宇宙人そっくり。しかも、裏面に「OPPORTUNUS Adest」(ラテン語で「いずれやって来る」の意)という文字が彫られたコインもあり、真ん中には地上に降り立つUFOのような飛行物体も描かれている。

UFO研究家たちは“宇宙人が地球にやってくる日が来る”というメッセージではないか? と考えているようだが、<Mysterious Earth>も、ここぞとばかりに「かつて宇宙人が地球に降り立っていたことを証明している!」と主張しているとか。

 

あまりに“まんま”な姿が逆に怪しいコインだが、むしろツッコミどころは裏面の「OPPORTUNUS Adest」のほう。これは16~17世紀のフランスでゲーム用に作られたトークン(代用貨幣)で、すでに数年前に発見されていたものである。

このUFOコインに乗っかろうと、必死でリアルな宇宙人コインをねつ造したのか? 謎は深まるばかりだが、今後も特に進展はなさそうなので今のところはスルーしておいたほうがよさそうだ。

 

While Renovating A House In Egypt Someone Found These Mysterious Coins