ホラー文学の大家スティーブン・キングが、あのドナルド・トランプを“クトゥルフ神”と比較するツイートを投稿し、ちょっとした波紋を呼んでいる。

csmh2dcweaakfhv

クトゥルフ神とは、20世紀のホラー作家H.P.ラヴクラフトが生み出した架空の邪神。人間が生まれる前の太古の昔に存在した(という設定の)イカやタコのような頭部を持つ巨神なのだが、キングは「ドナルド・トランプこそクトゥルフ神だ」とツイートしたのだ。

「衝撃! 信頼できる情報筋が“ドナルド・トランプはクトゥルフ神”との事実をキャッチ。あのベタベタした整髪料は必然、あれで触手と吸盤を隠しているのだ」

ところが、キングらしい下らないブラック・ジョークには終わらなかった。実はクトゥルフ神のツイッターアカウントが存在し、なんと大統領選候補として選挙活動に勤しんでいる真っ最中(という設定)なのだ。

 

そのアカウントはすぐさまキングのツイートに反論したが、キング作品を引用しまくるという非常に気が利いた内容だった……。

「私は子どもを肺炎にしたり激情型の『ファイア・スターター』(1980年『Firestarter』)になるつもりはない。そのようなスケールの小さな悪と一緒にされるのは誠に不本意だ。人類はそろそろ終わりに近づいており、者どもを『デッドゾーン』(1979年『The Dead Zone』)へと堕としてやることが私の使命である」

他にも『ニードフル・シングス』(1991年)や『ミザリー』(1987年)、『デスペレーション』(1996年)、日本でも翻訳されたばかりの新作『ジョイランド』(2013年)など、短い声明の中にこれでもかとキング作品を盛り込んでいるクトゥルフは、もはや大ファンとしか思えない。

http://www.huffingtonpost.com/entry/stephen-king-donald-trump-cthulhu_us_57d77e19e4b0fbd4b7bb4540?section=us_weird-news