先日、ラスベガスで開催された電化製品見本市<CES 2016>に、1人乗りドローンヘリが登場した。

ドローン戦国時代の今、“ついに出た”感のあるこのヘリ『184』は、重量118キロまでを運ぶことができ、一度の充電で23分間の飛行が可能だという。操作方法も、内部WiFiに自分の端末を接続してGoogleマップで目的地を入力するという、至ってシンプルなもの。見た目は完全に普通のヘリだが、この手軽さはまさに“ドローン”である。

完全自動操縦なので、免許は必要なく、操縦桿があるわけでもない。ただ、乗っている人間としては自分で細かい操縦ができず、他人に任せっきりで空をとぶというのはかなり怖いのでは……。

そうなると気になるのが安全対策だが、開発した中国企業<EHang>の代表氏いわく、各地に“コマンドセンター(管制塔?)”を設け、空中での交通や安全を“モニタリング”できるよう整備する、とのこと。さらに、利用目的としては病院や離島へのアクセスを想定しているらしい。とはいえ、安全が確約されていないことには不安は拭えない。

例えば、急患を乗せていて墜落したり、海の真ん中で落ちてしまったら大変だ。タクシー利用ならば高度はそれほどでもないかもしれないが、操作ミスで大型車と接触しないとは言い切れない。

なお、一般使用には各国のレギュレーション(アメリカならFAA連邦航空局)をクリアしなければならないとのこと。『184』を導入しようというクライアントを探すのはその後になるので、ビジネスとしてはなかなか一筋縄ではいかない。それでも代表氏はかなり自信があるようで、まずは中国でローンチしてから、願わくばアメリカへ、そしてニュージーランドと欧州各国へと進出できればと考えているとのことで、「多くの人々に“ドバイはどう?”と聞かれるので、トライしてみるかもしれませんね!」と意気込んでいる。

今後どう展開していくか、要注目だ。予想価格は約2300万~3440万円。
http://www.wired.com/2016/01/ehang-self-flying-drone-is-totally-crazy/