世界一長生きしているおばあちゃんが“毎日食べているもの”は何だろうか? イタリア・ヴェルバーニア在住のエマ・モラノさんは1899年生まれで、2016年11月29日に117歳の誕生日を迎える。

2016年5月にそれまで長寿世界一だったアメリカのスザンナ・マシャット・ジョーンズさんが116歳で亡くなったため、エマさんが世界最高齢となった。そんなエマさんに「毎日食べている食物」を聞いてみたところ、

「毎日卵を2個食べる。それだけ」
「クッキーも食べるわよ」
「そんなにいっぱい食べない。歯がないから」

……という拍子抜けする答えが。どうやらエマさんは、かつて医師に「卵は貧血に良い」と薦められて以来、毎日2個の生卵を食べる習慣を何十年間も続けているという。また、30代後半で離婚してからは独身を貫いており、本人いわく“誰にも支配されずに生きること”が長寿につながっていると語っているそうだ。

彼女のかかりつけ医師カルロ・バーヴァ氏は、「長寿はもちろん、彼女は回復力が驚異的なんだ。どんな病気にかかっても回復するし、調子がいい時は本当に元気がいい」と語っている。

エマさんはまもなく117歳の誕生日を迎える。もっともっと長生きしてね!