世界最高額のオフィスチェア「Elysium」は、まるで無重力状態のような座り心地を味わえるという。

isu

約270万円(26万ドル)という、もはや自動車が買えるレベルのオフィスチェア「Elysium」を制作したのは、人間工学の学位も取得しているデヴィッド・ウィケットという家具デザイナー/発明家。10年もの研究に基づいた設計によって、座る人に合わせて体にもっとも負担をかけないポジションを割り出してくれるという。

「Elysium」のウェブサイトによると、座っている状態と寝ている状態の中間に、重力が体に均一にかかる体勢があり、それがもっとも背骨に負担をかけず、一番リラックスした状態になれるのだとか。このチェアはその無重力ポジションを確保し、まるで宙に浮いているかのような座心地を提供してくれる、ということらしい。

その“無重力ポジション”を探すにあたって、チェア全体の関節部分や回転部分は極限まで摩擦抵抗値を減らしており、ごく自然に理想的なバランスに落ち着くようになっているとか。つまり、座ればおのずとベストな体勢になってくれるのだ。余計な力を加える必要がないため、モーターもケーブルも、一切の駆動パーツを使用していない。そして、一度“無重力状態”になってしまえば、あとはちょっとした手の動きや重心の移動で簡単に体を起こしたり回転させたりすることができる。普通のチェアのようにレバーやつまみをいじるのではなく、まるで宇宙飛行士が船内でふわふわ浮いている状態や、宇宙遊泳している時のように、わずかな力で自分の体勢をコントロールできる、というわけだ。

「Elysium」はイングランドの<Bang & Olufsen>のショールームで展示されているが、全てハンドメイドで作られるため、現在販売されているのはわずか20台だという。

This $26,000 Office Chair Will Make You Feel Weightless