音楽に合わせて炎が揺れ動くBluetoothスピーカー「Fireside Audiobox」が、現在クラウドファンディング<Kickstarter>で出資を募っている。

この「Fireside Audiobox」で音楽を再生すれば、スピーカーとして楽しめるのはもちろんのこと、音波と連動して揺れ動く炎を鑑賞することができる。サイズは高さ10.5×幅14×奥行き4.5インチ(約26.7×35.6×11.4cm)と、存在感のある仕様。木目素材をメインに作られており、炎の出る土管型の金属部分にはプラスチック製のケースが被されているため、物への着火を恐れることなく使うことができる。

仕組みとしては、プロパンガスが供給されている金属部分から炎が立ち上がり、音波で生じる圧力で揺れ動くというもの。炎の形は圧力によって変化するため、2つとして同じ形状は現れないという。

エレガントな質感でデザイン性の高い「Fireside Audiobox」は、インテリアにもピッタリ。パーティーなどで人を招いた際には、話題の的になるはずだ。<Kickstarter>では現時点で3万ドルの資金が集まっており、受付期間は8月27日(日本時間)までとなっている。

http://www.slashgear.com/fireside-audiobox-pulses-fire-to-the-beat-of-your-music-12451630/