野暮ったいはずのゴルフカートも、あのメルセデス・ベンツがデザインするとこんなにもラグジュアリー&ハイスペックになるようだ。

bentz

メルセデスがゴルフカートメーカー<GARIA>とのコラボで開発し、先の全英オープンで初お披露目されたこのカート。ゴルフバッグホルダーになるスポイラーの他、高級感あふれるレザーシートの下には冷蔵庫が備え付けてあったりと、かなり豪華だ。

中でも、10.1インチのタッチスクリーンが最大の特徴だろう。この画面から、ゴルフコースのレイアウト・現在地・スコアを確認できるだけでなく、ドライビングモードの切り替え(スポーツモード/エコモード)、ヘッドランプ、フロントガラスのヒーターやワイパーなど、ほぼすべての操作を行うことができる。走行距離は最大で約80キロとなっており、最高時速は約30km。車輪もカートにしては大きい14インチのものを採用しパワーは十分だ。

一般発売や価格は未定だが、メルセデスは全英オープンやマスターズのスポンサーでもあるので、ゆくゆくはこういった伝統ある大会のスタンダードになる可能性もある。ゴルフファンならば、一度は悠々とコースを周ってみたいものだろう。

なお、メルセデスはこれまでも船舶メーカーや航空機メーカーとのコラボにより、ヨットヘリコプターを発表するなど積極的に他分野へ進出しており、今後も高級ブランドイメージを拡大していく方針のようだ。

http://www.garia.com/a-real-sports-car/#BackgroundImageModule-696