各メーカーがVRヘッドセットを続々リリースしているが、なんと<マクドナルド>のVRヘッドセットが登場した。

このVRヘッドセット、実は“ハッピーセット”の空き箱でできており、、その名もズバリ“ハッピー・ゴーグル”。現在スイスで試験的に実施中のキャンペーンで、ハッピーセットの箱を折ったり切り抜いたりして、ヘッドセットを組み立てる仕様だ。

目と鼻に当たる部分をくりぬいて、箱型に組み立ててレンズを装着し、その中に自分のスマホを入れて完成。非常にシンプルだが、自分で組み立てる工作的な楽しみと、完成した後も映像を楽しめるというワクワクに、子どもたちは飛びつくはずだ。

なんといっても、ハッピーセットを頼めば誰もがVRを楽しめるという敷居の低さが素晴らしい。さらに、専用ゲームにはスイス代表スキーチームが協力しており、迫力満点のスキーゲームが体験できる。

おそらく世界一手軽な、このハッピー“VR”セット、今のところスイスの14店舗でしか実施されていないようだが、日本でも実施されれば間違いなく話題になるだろう。ただし、プレイ中にポテトやチキンナゲットの香りがするかもしれないが……。
http://www.digitaltrends.com/virtual-reality/mcdonalds-happy-goggles/