珍車紹介サイト<Jason Drives>が“史上最低の車に乗る”というタイトルで、ドイツ製のHoffmanという小型車をピックアップしている。

car

戦後のドイツでホフマンという人物が自力で作り上げたこの車は、同サイトの進行役ジェイソン氏いわく「高品質を目指して丁寧に作られたにもかかわらず、全てのチョイスを完全に間違え、ありとあらゆる箇所が意味不明かつ間違いだらけの車」という奇跡的な車だという。

「給油管が屋根から入って座席部分にむき出し、ゴム製の栓で臭いし漏れまくり、一輪しかない後輪を制御するシステムが車内のスペースの大半を占有してしまい、死ぬほど狭い」

「リアミラーもなぜか死角にあるから、後ろが全く見えない!」

「駐車して車を停めると傾きそうになる」

などなど、文句言いまくりのジェイソン氏。動画撮影時には車体を安定させるため、あえて助手席にもう1人乗せている。そもそもエンジンをかけることすら至難の技だそうで、「もし“車の運転”がこういうものだったとしたら、車なんて誰も乗らないだろうよ!」と言いたい放題だ。

「とにかく全ての判断を誤って造られている。しかも、車内にはガソリンの匂いが充満して最悪だった。数日後までガソリン混じりのションベンしてるだろうね。もう“Hoffman自殺マシーン”とかってネーミングにしとけば、まだ売れたんじゃないか? ってくらいだよ」

「あえて敬意を表したい。だって、たった時速5キロ程度で事故を起こして殺されそうになったくらいだよ? 純粋なまでにダメ。全ての設計が間違っている。その点においては突出した存在だし、何かしらの評価を受けるべきだ。敬意……でなければ同情とか」

 

http://jalopnik.com/tag/jason-drives