スクリーンが3Dに見える「3Dスマートフォン」と、ぐにゃぐにゃ曲がる「フレキシブルスマートフォン」が融合した、最新型スマートフォンが話題になっている。

holoflex

カナダ・クイーンズ大学の<ヒューマン・メディア・ラボ>の研究チームが、世界初のホログラフィック対応のフレキシブルスマートフォン「HoloFlex」を発表した。

「HoloFlex」は、1920×1080ピクセルのフレキシブルOLEDタッチスクリーンディスプレイを搭載しており、画像や映像は直径12ピクセルの円の配列で表示される。その上に、3Dプリンターで製作した1万6千個以上の魚眼レンズを使用したフレキシブルなマイクロレンズ配置をほどこすことで、ディスプレイの画像や映像が3D表示されるという。

3Dイメージの解像度は160×140で、見た目は少々粗めかもしれない。しかし、スマートフォンを動かすことで、3Dの物体をほぼすべての角度から見ることができる。もちろん、ヘッドトラッキングや3Dメガネの着用も不要だ。

また、同チームが開発した前身モデル「ReFlex」と同様に、スマートフォンには折り曲げセンサーが搭載されており、スマートフォンの動きから操作を認識。ディスプレイ上で物を動かしたいときは、画面上でスワイプしてもよいが、スマホを折り曲げて操作することもできる。

「HoloFlex」はまだ研究段階とのことだが、もし将来的に商品化されることになれば、折り曲げるとユーザーが画面から飛び出すようなビデオ会議や、キャラクターが3Dで飛び出すゲームなどが楽しめるようになるだろう。

http://www.pocket-lint.com/news/137559-holoflex-is-the-world-s-first-flexible-holographic-smartphone