寝室の大きな窓を横切る熱帯の魚、目の前に広がるサンゴ礁……そんな夢のような水中ホテルの建設が、ついに本格的に始まるようだ。

HOTEL2

なんともレトロ・フューチャーな水中ホテルの建設を計画しているのは、米フロリダの<Planet Ocean Underwater Hotel>。海面から30メートルに位置し、透明アクリル材を大量に使用したホテル内には部屋快適な大ロビーをはじめ、冷蔵庫やキングサイズベッド、シャワーなど豪華設備付きの12部屋があり、それぞれおよそ3000ドルから6000ドルで泊まれることになるという。

特筆すべきは、この施設自体が移動式の潜水艇のような機能を備えており、天候(例えば嵐が近づいていたり)に応じて停泊する場所を変えられるということ。ある時はサンゴ礁、ある時は透明度抜群の白い砂地の上……といった具合に、窓の外の景色が無限のバリエーションが楽しめるはずだ。

HOTEL1

発表によると、特許や権利関係はすでにクリアしているので、すぐにでも建設に取り掛かれるという。残る問題はロケーションだが、アルーバ、アンティグア、キューバ、ハワイのいずれかで検討中とのことだ。環境への配慮も気になるが、建設のための調査でサンゴ礁の実態が把握でき、これを元に建設することはもちろん世界中の環境保護団体にとっても有益のはず、と会社代表は考えているとか。実際、現状のままでは2050年までに世界中のすべてのサンゴ礁が危機にさらされることになると言われているのだから……。

なお、建設には最低でも2年かかると発表されているが、すでに200もの予約が集まっているそうだ。

http://www.digitaltrends.com