クラウドファンディングサイト『Makuake』にて、宇宙の惑星軌道ケプラーと同じ動きをする腕時計「ANICORN K452」(アニコーンK452)の先行予約販売が行われている。

FOG 時計

「ANICORN」は、ヨハネス・ケプラーが提唱した軌道運動に関する、3つの法則を盤面に表現。名前に冠された“452”は、NASAが発見した「これまで見つかった惑星の中で最も地球に似ている」という“452b”に由来しており、太陽系から1400光年ほど離れたこの惑星には生命が存在する可能性もあるんだとか。

特徴的な盤面デザインは、3層の同心円ディスクシステムにより“針のない時計”を実現しているから。中央の小さいディスクが1秒、ひとまわり大きなディスクが1分、外側のディスクは1時間となっているため、盤面のふちに刻まれたマークで時刻を読みとる構造となっている。パッと見ただけでは時間がわかりにくいので、使い始めのうちは慣れが必要かもしれない。

ボディの裏面はシースルー構造となっており、ムーヴメントの一部が見られるほか、バッテリーは自動巻き上げと手巻き式の併用。付け替え用のベルトも別売されており、黒革ストラップに、ケプラーの周囲で発見された惑星をモチーフとした3色のボタンが付属されている。

実はK452は、すでにクラウドファンディングサイトで目標額を達成済み。24時間以内に550万円の支援を集め、金額は最終的に約1700万円にまでのぼったとのこと。そして今回、日本上陸にあたり、Makuake限定バージョンのNOVAがラインナップに追加。NOVAは先着30名への販売ながら、6月末の時点では若干余裕があるので、気になる人はすぐにサイトをチェックしよう。

製品は2016年12月中に香港から発送予定で、日本でも現段階で目標金額の4倍を超える400万円以上の出資が集まっている。しかも購入後1年間の保証書は、個別にナンバリングされた、金属カードによる宇宙飛行士バッジ。これほど目に見えるところに置いておきたくなる保証書は、あまりないのではないだろうか。実用性とデザインが宇宙的に融合する、とても洗練された腕時計だ。

https://www.makuake.com/project/anicornwatches/