バッグの盗難を防ぎ、必要なアイテムを忘れずに持ち歩くための“RFIDチップ”を搭載した高機能バックパック「Klifit」が登場……するはずだった。

FOG klifit

「Klifit」は、世界初の盗難防止機能を持つバックパック。例えばカフェなどで席を外す場合に、バックのジッパー部分を施錠し、椅子にストラップで固定することができる。これは「スペクトラム・アンロック・システム」という、事前に登録したカラーコードと同じ色の組み合わせを指定して解錠する仕組みだ。スマートフォンの専用アプリでも操作できるが、バッグに装備されているロックボタンを直接操作して色の組み合わせを入力することもできる。

さらに、このバックパックには必要な荷物を忘れずに持ち歩くためのRFIDチップが搭載されている。このチップは、カード、キーチェーン、クリップの3形態で提供され、鍵や書類、パソコン、傘、手袋などなど、とにかく様々なアイテムに装着することができる。

また、バッグに収納したアイテムの情報はBluetooth経由で専用アプリに送られ、スマホの画面で必要なものが揃っているかを確認することも可能。もしアイテムが収納されていない場合はスマホに通知してくれるという便利な機能だ。なお、特定のイベントに必要なアイテムも登録でき、スケジュールと必要なアイテムをリマインダー通知する機能まで備えていた。

バッグ本体には完全防水の頑丈なナイロン素材を採用しており、夜間も安心なリフレクティブ仕様のテープを装備。ノートPCを収納できるポケットをはじめ収納ポケットも豊富で、カラーはステルスブラック、スノーグレーの2種類展開を予定していた。

そんな「Klifit」だが、クラウドファンディングサービス<Kickstarter>に登場してからたったの3日間でなぜかキャンセルに。バックパッカーにとって“忘れ物防止機能”は大して重要ではなかったということかもしれないが、発案者は「我々のチームは準備により多くの時間がかかり、いくつかの変更が必要だと学んだ」というコメントとともに、より良いキャンペーンとして復活することを宣言している。

http://www.theverge.com/circuitbreaker/2016/6/22/11999908/klifit-backpack-kickstarter-order-rfid-chip