アメリカと中国に本社を持つPCメーカー<Levono>がサンフランシスコで開催した「Lenovo Tech World 2016」で、最新版のスマートシューズを発表した。

FOG「スマートシューズ」

<インテル®>が開発したボタンサイズの超小型コンピューター「Curie™ モジュール」を搭載し、さらに有名ソールメーカー<Vibram>とのコラボによって生まれたこのスニーカーは、スマートウォッチに値する機能を搭載したウェアラブルデバイスだ。

シューズを専用アプリと連携させると、内蔵されたフィットネスセンサーが歩数や距離、消費カロリー、走行時間などを記録し、ユーザーのエクササイズをサポートする。さらに、靴底部分には動きや音楽に合わせて点滅するLEDライトが搭載されており、スマホで設定した文字列を表示させることが可能。明るさも十分なので、暗い夜道でも安全に走ることができそうだ。

また、シューズ自体がゲームのコントローラーにもなり、履いたまま走ったり跳ねたりすることで、足の動きと連動してフィールドのグラフィックが動いたり、自キャラを操作することができる。展示会ではシンプルなゲームのデモが公開されていたが、今後はスマートシューズ専用の進化版「ファミリートレーナー」やリズムゲームなど、より複雑なゲームも登場するかもしれない。

今のところ発売日は未定だが、2016年末ごろには市場に登場すると予想されている。

http://www.slashgear.com/lenovo-smart-shoes-eliminate-the-need-for-a-wrist-wearable-10443671/