凄まじいスピードで飛び回るレースなど、これまで様々なドローンのニュースを紹介してきたが、なんとコントローラーを使わずに“脳波”でドローンを操縦することができるようになったらしい。

Mind-Controlled Drones

これは、操縦者の頭に取り付けたヘッドセットが脳波を計測してコントロールするという、ドローンテクノロジーの最先端技術を利用したもの。まだ操縦はゆっくり慎重に行われているが、確かにドローンがゴールへ向けて進んでいる。これが人間の脳波でコントロールされていると考えると、かなりスゴい技術でないだろうか?

実は、医療の現場では脳波を使う技術が数十年に渡って研究されている。脳のどこの部分が体にどういった指令を出しているのかを知ることで、身体的障害を持った人々の治療が可能になるのだ。実際、事故で脳に障害を負い下半身不随になってしまった患者が車椅子を使って、自力で移動できるまでになった例もある。逆に、外部から脳波をコントロールすることで、麻痺した体を動かす研究も進められている。こういった技術が今、別の分野でも応用されはじめているのだ。

近い将来、義手や義足が脳波で自由自在に動かせることになるだろう。アニメやSF映画のように、思念で操縦するロボットや車も登場するかも?