あの日産自動車が、電気エンジンを搭載した本格的な未来型スポーツカーを開発している。

日産のコンセプトカー「NISSAN BladeGlider(日産 ブレードグライダー)」を、科学技術情報サイト<Tech Insider>が紹介している。2013年の東京モーターショーで初めて発表されたが、2016年リオデジャネイロ・オリンピックではアップデートされたプロトタイプが展示されたという。

「NISSAN BladeGlider」は、ゼロ・エミッションの電気自動車と、高いパフォーマンスを発揮するスポーツカーが融合した未来型スポーツカー。公式サイトで「日産ブランドとゼロ・エミッションリーダーシップを牽引するプロトタイプモデル」と紹介されている。

グライダーと三角翼がルーツになるコンパクトなカーデザインは、航空力学に基づいて設計されており、極限まで空気抵抗を軽減。車体中央に配置された運転席の後方左右には、後席を配した3シーターレイアウトを採用した。さらに、電気エンジンを搭載した新しいゼロ・エミッション車となっている。

もちろん実走行が可能で、5秒以内に最大で時速60マイル(約96キロメートル)まで加速でき、トップスピードで時速120マイル(約193キロメートル)まで出せるというから、かなりハイスペック。オープンルーフを採用しているので、エキサイティングな“グライディング”エクスペリエンスを楽しめそうだ。

次世代EV「NISSAN BladeGlider」は、将来的に市場への導入も検討されているとのこと。

http://www.nissan-global.com/JP/DESIGN/NISSAN/DESIGNWORKS/CONCEPTCAR/BLADEGLIDER/