食べても無害な完全生分解性プラスチック製のビニール袋がインドで開発された。

bag

インドの環境森林気候変動大臣によると、同国では毎日1万5千トン以上のプラスチックごみが廃棄されており、そのうち9千トンのみが資源回収されているという。国内では、ビニール袋の使用が禁止された都市もあるようだ。

そんなプラスチックごみ問題を解消すべく、若き起業家が環境にやさしいビニール袋を作り上げた。同国出身のAshwath Hedge氏(25)が創設したスタートアップ<EnviGreen>が開発したのは、天然のでんぷんと植物油を組み合わせて作った100%オーガニックの“完全生分解性プラスチック製のビニール袋”だ。

このエコな新素材は、見た目と触り心地はプラスチックに似ているが、従来のプラスチックに使用されている原材料は含まれていない。化学物質は一切使用されておらず、すべて天然成分から作られている。

4年かけてリサーチや実験を続け、12種類の材料を組み合わせることに決めたAshwathさん。原材料は、じゃがいも、タピオカ、とうもろこし、天然でんぷん、植物油、バナナ、花精油など。製造過程については企業秘密になっているが、まず液状にしてから6段階の工程を経て製造するという。

製造コストは通常のビニール袋より35%ほど割高なようだが、ビニール袋を使用した後には環境に配慮しながら処分できる。180日以内に自然に生分解されるようになっており、室内で水に浸ければ1日以内に分解され、熱湯に浸ければ約15秒で分解されるそうだ。

Ashwathさんが「印刷に使われている塗料も天然のオーガニックのもの」と説明するとおり、100%オーガニックで環境にやさしく、動物が食べても安心。<The Better India>のインタビューでは、Ashwathさん自身が実際にビニール袋を水に溶かして食べてみせ、公開された動画でもザリガニ、虫、鳥たちがビニール袋を美味しそうに食べている。

このエコなビニール袋は、インドの<カルナータカ州汚染管理局(KSPCB:Karnataka State Pollution Control Board)>から商業使用が承認され、実用化に向けてのテストを受ける段階だという。同州の州都バンガロールに工場を建設し、1ヶ月に1千トンのビニール袋を生産していく予定。バンガロールだけでも1ヶ月に3万トンのビニール袋が消費されているので、生産量としては少ないが、今後はビジネス拡大を目指していくそうだ。

また、Ashwathさんには「地元の農業従事者をサポートしたい」という願いもある。「すべての材料をカルナータカ州の農家から調達することで、彼らを力づけたい。今後はビニール袋を作るために必要な量の農作物を作るのを手助けするために種を配布したい」と考えているようだ。

 

Indian Company Makes Edible 100% Biodegradable “Plastic” Bags