ドイツの<ピンクリボン>が若い女性たちに、乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えるキャンペーンを実施中だ。

pink

今回は特に若い女性向けということで、SNSを活用したキャンペーンを展開。国際女性デー(3月8日)に「Check it before it’s removed」というスローガンとともに、17名の勇気ある女性たちがトップレス写真を公開した。

FacebookとInstagramでは裸の画像は基本的にNG。つまりこのスローガンは「(乳房が)全摘出になる前にチェックしよう」「(この写真がSNSから)削除される前にチェックしよう」というダブルミーニングになっているのだ。

これを世界中のセレブやスポーツ選手、インフルエンサー、そして多くのフォロワーがシェアしたことで、爆発的にネットで拡散されたという。しばらくして女性たちの画像はSNS上から削除されたものの、ユーザーに“正しい乳がんのセルフチェック方法”を知ってもらうことに成功。しかも、FacebookとInstagramでは同キャンペーンに関しては写真の掲載がOKになったというからスゴい。

最終的にこのキャンペーンは合計2,900万人の目に触れ、220万ユーロ(約2億6千万円)もの広告効果を得ることになったという。

https://www.pinkribbon-deutschland.de