最近ネットで話題になっている「プライバシーバイザー」をご存知でしょうか。なんだか宇宙人っぽいサングラスですが、「顔検出」を防ぐためのブツなんだそうです。

MetalModel_Prototype1

カメラ付きスマホの普及は結構なことなんですが、やたらに他人を撮ってはSNSとかに投稿しちゃう困った人っていますよね。あれ、本当に困るんですよ。画像に日時や場所なんかが書かれてると、例えば仕事をサボってるのがバレたりする。

今のところ「ネット見てたら偶然見つけちゃって」的なパターンがほとんどなのですが、幸か不幸か顔認識とか画像検索の技術は日進月歩。笑っちゃうくらいの勢いで発達中です。数年後にはネット上に存在する「あなたの顔.jpg」を、誰もが検索可能な世の中が到来しそう。ハッキリ言って気味が悪いですよね。

MetalModel_Prototype2

この手の「新しい形のプライバシー侵害」に対応するガジェットの一つが「プライバシーバイザー」です。このサングラス、なんとレンズ部分に光を反射・吸収する素材が採用されていまして、目の周りの明暗の特徴をなくすことで、コンピューターによる「顔検出」を防いでくれるんです。これまでの顔認識の防止技術といえば、顔に着色したり、顔を物理的に隠したりするものが中心で、「顔検出」の防止と引き換えに周囲の人にドン引きされるというデメリットがありました。でもこのプライバシーバイザーなら…、まあ「カニエ・ウェストやレディ・ガガあたりなら似合うかな」って感じはしますよね。フレームはチタン製で、少なくとも安っぽくはないです。

ちなみにこのプライバシーバイザー、既に量産化が決定してまして、現在はメガネの聖地・福井県鯖江市が運営するクラウドファンディング・サイト「FAAVO(ファーボ)さばえ」にて、早期販売のための資金を調達中。21000円の支援で、量産型のプライバシーバイザーをゲットできるようです。「ちょっと高いな」と思う方には、3000円の体験キットもあり。3000円ならノリで買ってみても良いかも?

※画像はすべて国立情報学研究所 提供

■FAAVOさばえ「めがねのまち鯖江が挑戦する『近未来のメガネ』開発に参加しませんか!

https://faavo.jp/sabae/project/726