再び注目を浴びているアナログレコードもいいけど、いま話題のハイレゾも堪能したい……そんな音楽中毒者たちを唸らせる、最新レコードプレーヤーが誕生した。

PS-HX500_top-Large
先日、米ラスベガスで開催された国際家電イベント<CES 2016>でSONYが発表したのは「PS-HX500」というレコードプレーヤー。同製品の最大の魅力は、なんといってもアナログ音源を簡単にハイレゾ音源化できることにある。

従来のレコードプレーヤーでアナログ音源をデジタル化するには、フォノイコライザーと呼ばれる音域調整器や、オーディオインターフェース等が必要だった。その上ハイレゾ化ともなれば、かなり本格的な知識がないかぎり、迂闊には手を出せない。

PS-HX500_open-Large (1)

その点「PS-HX500」は、それらの機能を全て内蔵しているため、PCとUSB接続するだけでOK。編集作業も非常にシンプルだという。また、新設計されたストレートタイプのトーンアームは、さらなる高音質を実現している。

PS-HX500_tone-arm2-Large

シンプルで洗練されたデザインに、この高機能。「PS-HX500」は、これからのレコードプレーヤーの新しいスタンダードになりそうだ。なお、発売は今春を予定しており、価格は400ポンド(約7万円)前後になる見込み。


http://www.sony.co.uk/electronics/audio-components/ps-hx500