世のスポーツウェアで、サッカーシューズほど改良を重ねてきたものはない。走るために可能な限り軽量化し、さらにボールコントロールの正確さを追求してきた高性能サッカーシューズは、多くの名プレイヤーたちとともにスーパープレイを生み出してきた。

このたびアディダスが発表したのは、スマホケースにも使用されるTPUと呼ばれる素材を使用し、さらにシューレースを取っ払った大胆かつ画期的なサッカーシューズ「ACE16+ PURECONTROL」だ。アッパー~シューレース部分は一本の糸で編み上げられたニット素材で構成されており、表面が均一なため、正確なキックが可能となる。ボールコントロールはシューズ表面に生じる摩擦の度合いで変わってくるが、表面の摩擦係数が均一なため、ドリブルやキック、トラップなど、あらゆる場面でボールコントロールの精度を高めてくれるだろう。

同シューズは今年、1月23日(土)からアーセナルのメスト・エジル選手、バルセロナのイヴァン・ラキティッチ選手が試合に使用し始め、公式なローンチとなる。しかも16ヶ月後のチャンピオンズリーグでは、この両者が対決する可能性が高い。

なお、日本では2月11日(木)より120足限定で店頭販売される予定。
http://www.engadget.com/2016/01/18/adidas-ace-16-purecontrol-laceless-boots/