『スター・ウォーズ(SW)』シリーズ最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が12月16日、ついに全世界で同時公開された。

rogue

ご存知の通り『SW』は長い歴史を持つシリーズだが、この『ローグ・ワン』は完全に独立したスピンオフ作品で、続編製作の予定はない。つまり、今まで同シリーズを観たことがなくても気軽に観ることができる作品とも言えるだろう。

とはいえ『ローグ・ワン』もシリーズの過去作と同じ銀河が舞台となっているので、『エピソード4 / 新たなる希望』だけは事前に観ておいたほうがベター。そのうえで、『ローグ・ワン』を観る前に最低限知っておきたいプチ情報記事を紹介しよう(※ネタバレなし)。

まず『ローグ・ワン』は、『エピソード4』の有名なオープニングロール(あらすじ説明)でほのめかされていた出来事についての映画である。『エピソード4』が公開されたのは約40年前(1977年)だが、そのスキマに起こった前日譚がついに映画化されたというわけだ。

時系列的にいうと、『スター・ウォーズ エピソード3:シスの復讐』でアナキン・スカイウォーカーがダースベイダーになってから、『エピソード4』でアナキンの息子ルーク・スカイウォーカーとその仲間(反乱軍)が帝国軍の決戦兵器デス・スターを完全に破壊する、その前のお話。

『エピソード4』の冒頭で、レイアが反乱軍にデス・スターを破壊させるために、帝国軍の惑星破壊兵器デス・スターの“設計図”を必要とするシーンがあったのを覚えているだろうか? ヒロインのジン・アーソがキャシアン・アンドーや元帝国軍のドロイド・K-2SOらと共に、その設計図を盗むために奔走する姿を描いたのが『ローグ・ワン』だ。もちろん、その過程で壮大なスペースバトルも展開されるし、旧三部作でおなじみのキャラクターも多数登場するので、予習しておいたほうが楽しめるのは間違いない。

強大な帝国軍に立ち向かう反乱軍や、そこに加わるジンやチアルート&ベイズ(演じるはドニー・イェン&ジアン・ウェン!)たちは、言葉は悪いが“寄せ集め集団”である。しかも、こういったキャラが今後のディズニー制作・公開による『SW』シリーズに登場するかどうかは定かでない。そういう意味でも『ローグ・ワン』を観る価値はじゅうぶんあると言えるだろう。

ちなみに、そのハン・ソロのオリジナルストーリー(映画のタイトルなど詳細は未定)では、映画『ヘイル、シーザー!』のアルデン・エーレンライクが若き日のソロを、そして(米俳優でコメディアン、ラッパーの)ドナルド・グローヴァー(a.k.a. チャイルディッシュ・ガンビーノ)がランド・カルリジアンを演じるという。

公開前日の12月15日にアメリカ国内で行われた先行上映だけで、2,900万ドル(約36億円)もの興行収入をあげ、ディズニーの先行上映記録を更新した『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。ファン待望のスピンオフ作品が、日本でも様々な記録を塗り替えてくれることを期待したい。