キャタピラ付きオフロード仕様の電動ローラーブレードを、ポーランド出身の発明家Jack Skopinskiが開発した。

brade

このローラーブレードは全長48センチの本体に、350W DCモーターを装備。26V電池で駆動し、時速15キロメートルで約20kmを走行可能だという。

それほど長距離を走れるわけではないが、通常のローラーブレードのように滑りつつ、例えば上り坂で補助としてモーターを使うような乗り方ならば、バッテリーのい消費は少ないだろう。ローラーブレード自体そこそこスピードが出る乗り物なので、これにモーターのパワーが上乗せされれば、かなりの速度で走行可能なはず。あとは使用する国や地域によって、道交法的に抵触しなければいいのだが……。

価格は1,400ドルと、決してお手頃とは言えないが、これを履いて出かければ、いつもの通勤~散歩ルートもスリル満点。オフロード仕様ということで、レースやフリースタイル~フラットランドに限らず、ローラーブレードの新しい遊び方も生まれそうだ。

http://www.t3.com/news/banish-those-commuting-blues-with-these-electric-off-road-roller-skates