家電大手の<サムスン>が“折りたたみ式スマホ”を開発していることが判明した。早ければ2017年にも正式発表される見込みだという。

FOG_折り畳み式スマホ

このコンセプト自体は2013年に<サムスン>から発表されている。すでにディスプレイ部分を折りたたむ技術の実現には成功しているという噂もあり、スマホサイズのデバイスを開くと小型タブレットになるといったバリエーションが考えられているそうだ。

なお、折りたたむ際にバッテリー部分が障害になるようだが、デイスプレイの真ん中で折り、開くとタブレットになる方式を採用することで、この問題を解消したという。

とはいえ、ソフトウェアの問題などが残っているため、すぐに市場に出ることは考えにくい。操作性も従来のスマホとはかなり異なってくるので、アンドロイドのインターフェイスにかなりの改良が施されるはずだ。

そうなると、従来のスマホに慣れ親しんだユーザーにはとっつきにくくなるかもしれない。また、今後発売される同社の「Galaxy S」ブランドとシェアを争うことになるため、リリースのタイミングも重要になってくる。

クリアしなければならない課題は山積みだが、長らく変化の無かったスマホの形態・形状に一石を投じることになるであろう”折りたたみ式スマホ”が、今後どのような展開を見せるか注目だ。

http://www.slashgear.com/samsung-tipped-to-finally-have-a-foldable-smartphone-in-2017-07443070/