NASAのロケット噴射実験の様子を撮影した超高性能カメラの映像がスゴい。

NASA

 

これは、NASAが開発している世界最大ロケット「Space Launch System(SLS)」のテストの様子を、“High Dynamic Range Stereo X(HiDyRS-X)”というカメラで捉えたもの。従来のカメラでは光と熱で炎の表面しか映すことが出来ないが、巨大なロケット口から噴射される炎の内部まで確認できる。

しかし、噴射開始に連動して撮影が始まるようにオートでカメラをセットしたところ、なぜか失敗。結局マニュアルでカメラを回し始めたのだが、ロケットのあまりの威力による振動で電源ケーブルが外れてしまい、撮影は中断されたという。

不確定な要素がいくつもある中、事前のテストを行うこともできなかったたため、100%予定通りというわけにはいかなかったが、まるでSF映画のCGのような不思議な模様を映し出すことに成功した。

今後、宇宙の深部へと人類が足を踏み入れてゆく過程で、あらゆる環境の映像記録を残していくことは非常に重要だ。NASAは今回の失敗を踏まえ、撮影システムをさらに改良していくことをウェブサイトで説明している。

http://www.digitaltrends.com/cool-tech/nasa-advanced-camera/