電化製品だけでなく、様々なものがスマート化されている昨今だが、ついにこんなスマート製品まで登場した。Wi-fiでスマホと接続し、アプリを使って様々な燻製料理を楽しむことができるスマート燻製マシーン「Char Broil Digital Electric Wi-Fi Smoker」だ。

smartsmoker

この燻製マシーン、使い方はいたって簡単。食材を選び、大きさや重さをアプリで設定し、燻製チップや蒸気用の水を投入して、スイッチオン。燻製ボックスの中が十分熱されたら食材を網に乗せ、それぞれに鉄の棒型センサー(プローブ)を差し込めば調理の燻製の工程をアプリでモニタリングできる。アプリには食材別の燻製料理レシピが設定されているので、各料理に合わせた燻し方もできるというからすごい。

全てマニュアルで燻したい場合は、アプリで温度や時間など細かく入力すれば自分好みの燻製が作れるので、ベテランスモーカーはいろんな燻製にチャレンジすることもできる。しかも、一度プログラムしてしまえば燻製機から目を離して別の料理を始めても失敗の心配はなし。外気の温度に影響されることもほとんどなく、非常に安定した出来上がりになるそうだ。

価格は399ドル(約45000円)と、通常の燻製機に比べれば高いかもしれないが、失敗リスクの低さ、スマホでコントロールする楽しさと正確さなどを考えれば、投資する価値は十分にある。全てアナログで行うのも燻製の楽しみではあるが、このスマート燻製マシーンを使えば、燻製の新たな世界が拓けるかもしれない。