リアルな反動が味わえるVRゲーム用の銃コントローラーが登場。シューティングゲーム業界で話題になっている。

この「Striker VR」はトリガーを引いて発砲する際、逆向きの反動で本物に近い射撃感覚を味わえる。シングル、バースト、オートなどの実在の発砲モードから、レイルガンなど未来的な銃のシミュレーションにも対応しているので、リアルな戦争ゲームもSF系シューティングゲームも楽しむことができる。

今後「PhaseSpaceモーションキャプチャーシステム」やSIXENSE社のVRモーションコントローラ「STEM」などに対応することが発表されており、PlayStation(R)Move、Oculus Constellation、Valve LighthouseというメジャーVR用プラットフォームとの公式な提携が控えているという。

従来のシューティングゲームの銃コンは、ボタンを押したりトリガーを引くだけという物理的な手応えに欠けていたが、「Striker VR」は一気にリアル度を引き上げてくれるはず。当然、ゲームソフトメーカーも期待を寄せていることだろう。現段階ではまだプロトタイプだが、一般販売はそう遠くはないことを示唆している。

やはりVRで最も肝心な要素はリアリティ。レーシング、格闘、フィッシングなど物理的でリアルな感触が伴うジャンルは限りない。進化を続けるVR技術は、コントローラー市場も急速に拡大させているのだ。

http://www.strikervr.com/