強力なレーザーを販売しているWicked Laser社が開発した「フラッシュトーチ・ミニ(FlashTorch Mini)」は、紙が燃えるほどのパワーが持つ懐中電灯だ。

light

 

この「フラッシュトーチ・ミニ」は、既存の製品「フラッシュトーチ」を40%小型化し、約21.6cmのミニサイズに仕上げた世界最小サイズのモデル。ミリタリーグレードの陽極酸化アルミ、耐熱レンズ、反射板を採用しており、出力は2,300ルーメンを誇る。これは白熱電球100個分、または講堂などで使用される映像プロジェクターと同程度の明るさで、真っ暗闇でも周囲をかなり明るく照らすことができるという。

どれくらい強力かというと、丸めた紙などに近づけると一瞬で火が点くレベル。当然ビニール袋などはすぐ溶かしてしまうし、立てて置いた上にアルミカップを置けば簡単な料理ができてしまうというから驚きだ。

また、最大の明るさでは約60分、最小に抑えれば約100分は連続使用が可能なリチウムイオンバッテリーを搭載。プッシュボタンには自動ロックモードが搭載されているので、ポケットやバッグの中での誤操作も防いでくれる。

いざというときやアウトドアで大活躍してくれそうな「フラッシュトーチ・ミニ」は、199ドル(約2万円)で発売中。懐中電灯にしては高価だがサバイバルツールと考えればお買い得かもしれない。

 

http://www.wickedlasers.com/torchmini