アメリカ海軍の水中爆発試験を捉えた衝撃的な映像が公開された。

suibaku

 

アメリカ海軍が、2015年に導入された最新の戦艦「USSジャクソン」の映像を公開。2016年6月に米フロリダ沖の水中爆発試験で行われた、戦艦の耐久テストを見ることができる。

同艦の水中爆発に対する耐久テストは4種類行われ、それぞれ約1万ポンド(約4,535キログラム)分の爆薬が使用されたとか。「USSジャクソン」の船体近くで水中爆発が起こる度に、巨大な灰色の水しぶきが上がっている。

アメリカ海軍によると、このテスト結果によって証明された戦艦の耐久力は「非常に優れていた」とのこと。この後「USSジャクソン」はメイポート海軍補給基地に戻ったという。

2016年7月には、同じく戦艦「USSジャクソン」に対して行った水中爆発試験によって大きな揺れが観測され、現地で地震が発生したと間違えられたというニュースも報道されている。

……爆発の瞬間シュバッと青白い光が海面を覆い、しばらくしてから中心に水しぶきの柱があがるところなどは、まるでSF映画のよう。とはいえ、この試験でどんなデータをが得られるのか、この映像を見ただけでは何が何やら。素人には「わースゲ~」くらいのリアクションが限界だが、ミリオタの皆さんならばビビッと反応する貴重な映像なのかもしれない(すみません)。

http://www.businessinsider.com/us-navy-tests-uss-jackson-ship-almost-blowing-up-shock-test-explosive-2016-9