Twitter傘下の動画共有サービス<Vine>のサービス終了が発表され、ネット上では過去に投稿した動画を保存する方法などを共有する動きが広がっている。

vine

 

 

制限を逆手に取った“6秒動画”でブームを作ったVine。そのモバイルアプリが数ヶ月以内に提供終了するというニュースに驚いたユーザーも少なくないだろう。そこで、サービスが終了する前に投稿動画を保存しておきたいユーザーのために、過去に投稿した動画を保存するための3つの方法を<Pocket-lint>が紹介している。

 

■動画ファイルとして保存

1.PCからVineにアクセスし、保存したい動画のURLをブラウザにコピペする。

2.URLのドメイン名の前に「qq」を入力する。
例:https://vine.co/v/OPFWFzXKpJu ⇒ https://qqvine.co/v/OPFWFzXKpJu

3.ダウンロードしたいバージョンを選び、その横にある「download」リンクをクリック。
例:「High quality(高品質)」「Low quality(低品質)」など

4.新しいページが開く。動画プレイヤーの上で右クリックして、動画ファイルをパソコンに保存。

 

■動画DLサービスを利用する

動画サービスには(非公式含め)様々なDL方法がある。たとえば<Vinedeck.com>の「Vine Downloader」なんていうものも。実際に利用するウェブサイトやツールを決めたら、該当箇所にVineの投稿動画URLをコピペし、DLリンクをクリックすればOK。または、動画プレビュー画面の上で右クリックすれば、動画ファイルをパソコンに保存できるはず。

 

■GIF化する
Vineの投稿動画をすべてインポートしてGIF化したい場合は、<Giphy>というサービスを利用してはいかがだろう。Giphyのウェブサイトにパソコンからアクセスし、アカウントを登録してサインイン。該当箇所に自身のVineアカウントのプロフィールのURLをコピペする。あとは「Import(インポート)」ボタンをクリックするだけ。


http://www.pocket-lint.com/news/139336-vine-is-dead-here-s-how-to-save-your-vines-and-turn-them-into-gifs