中国・台北市に本社を置く<ASUS>が、まるでマンガの世界から飛び出してきたような可愛らしい家庭用スマート・ロボット“Zenbo”を発表した。

zenbo

ディスプレイを兼ねた頭部と車輪付きの本体というシンプルな作りながら、あらゆるスマートな機能を装備しているZenbo。喋りかけるだけで家庭内の色んなことを手伝ってくれる、非常に賢いロボットだ。

例えば「スーパーの特売セールが始まる時間」や「おじいちゃんが薬を飲む時間」といった1日のスケジュールを教えてくれたり、料理のレシピを読み上げてくれたりするだけでなく、ディスプレイを通じて他のスマート端末と連絡が取れたり、家のスマート製品と連携して電気やエアコン、家の鍵などのコントロールができたり、さらに絵本を読み聞かせてくれたりと、まるで優秀で忠実な“ロボット執事”なのだ。

そんなZenboのお値段は600ドル(約66,000円)と、かなりお手頃。<ASUS>のCEO・Jonney Shih氏が「あなたの夢のロボットを実現します」とプレゼンするとおり、かつて人々が思い描いた“未来のロボット”の姿にかなり近いのではないだろうか。

https://zenbo.asus.com/